| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ジブリ かぐや姫の物語

前回の記事で締める予定でしたが予定変更。


今回はジブリ特集で現在上映中のかぐや姫の物語について少々感想を。

前回の【ジブリ「風立ちぬ」を考える】から早3ヶ月がたちました。

もう少し早めに見る予定でしたが忙しくてなかなか見に行く機会がなかったのでこの休日を利用してみてまいりました。


・・で、見てたら沢山の人にみてもらいたいなぁって思い記事を立ち上げました。

基本的に原作に忠実だったので風立ちぬのような奥深さがないですが、お勧めしたいです。







ジブリ かぐや姫の物語

かぐや姫の物語


かぐや姫の物語 公式



これは間違いなく後世に残るアニメ作品だと思う。

爽やかに描き上げたキャラクター。

鮮やかで優しい色彩に美しい歌声、音楽。


日本人なら誰でも知っている「竹取物語」が日本人がみんな好きなジブリカラーで表現されている。



映画の内容に触れる前に原作について少し。


竹取物語は日本の最古の物語と言われている。


作者は不明で紀貫之や空海などの名前が挙がっているが、特に、菅原道真公であるという説が最有力と言われている。

菅原道真公と言えば天神様として知られていて太宰府天満宮などに祀られている学問の神様だ。

そういった内容は大体、中学か高校で古文の授業で習ってきたかと思うが、そもそも竹取物語自体は絵本などでもっと昔から親しんでいる。



ここで私が覚えている幼少期に読んだ竹取物語をなんとなく記してみる。

あるところに竹をとって生活しているおじいさんとおばあさんがいた。
いつものようにおじいさんが山に竹を取りに行くと、光り輝く1本の竹があった。
不思議に思って切って取ってみると中から小さな(手のひらサイズの)女の子が出てきた。
家に連れて帰り、おばあさんと自分たちの子として育てることにした。
その子は人間とは思えないスピードで成長し、すぐに年頃の美しい女の子に育った。
この子が来てから、竹を取りに行くと金が入った竹を何度か見つけ、おじいさんはお金持ちになっていった。
そして年頃になった女の子になまえをかぐや姫とつけ、お祝いの会を開くと
かぐや姫のあまりの美しさがすぐに都中の評判になり、誰もが結婚したいと願うようになる。
その中でも身分の高い5人の男がかぐや姫に結婚を申し込む。
するとかぐや姫は、
1人目に仏様の石で造った鉢を、
2人目には金銀真珠で出来た枝を、
3人目には焼いても燃えない火ネズミの皮衣を、
4人目には竜の首についている玉を、
5人目には燕の子安貝を、
一番に持ってきてくれた人と結婚します、と無理難題を言う。
それぞれの男たちがお金をつぎこんで偽物を作ってみたり、竜を探して海に出たりしたが
誰一人としてかぐや姫の望んだものを持ってくることはできなかった。
そんな中、都の帝の耳にもかぐや姫の美しさについての話が入るようになった。
帝がかぐや姫に会いたくなるも、かぐや姫は会うことを拒み続けるが
おじいさんの計らいでかぐや姫と帝が対面する。
帝はかぐや姫のあまりの美しさに虜となるが、かぐや姫は帝からの求婚も拒んだ。

そうする内に、月を見ては泣くようになり、どうしたのかとおじいさんが尋ねると
「私は月から来たものです。もうすぐ月から迎えが来て、おじいさんたちとお別れしなくてはいけません」
といって嘆き悲しんでいた。
帝に相談して月からの迎えに対抗するもむなしくかぐや姫は月からの使者に連れていかれてしまう。
この着物を見たら、私を思い出してくださいね、という手紙と着物を残して。





・・・子供のころに読んだ内容で、正直よく理解できなかったのは

燕の子安貝って何なのか、他のものは仏様とか竜とか難しいのはわかるけどツバメ?


これはどうやら未だによくわかっていないらしい。


この世に存在しないもので、その当時に宝物のようなものとされていた、と考えることしかできない。

これ以外にも原作には正直子供には理解できない諸々の事柄が書かれている。


どうしてかぐや姫は身分の高い人と結婚することを嫌がったのか。


原作には、おじいさんがかぐや姫に身分の高い男性のうちの誰かと結婚することを説得したり、

かぐや姫への贈り物をどの様に男たちが調達したかや、和歌のやり取り、帝がおじいさんにかぐや姫を献上するように言ったりする下りもある。


またかぐや姫が地球の人でないことを表すようなエピソードもある。

なぜか、知らないはずの歌の続きを知っている。


そして後半、帝がかぐや姫を無理やり連れて行こうとするとかぐや姫が消えてしまうのだ。


月からの使者とおじいさんたちのやり取りなどもあるのだが、これは原作を読むより、映画を見てほしい。


多少の差異はあれど、原作より理解しやすい形で描かれている。




・・さてこのあたりで、今回の映画の話をしたい。

登場人物からまず触れて見る。

捨丸兄ちゃんという人物と、相模という人物は原作などにはいないジブリ作品特有の存在だ。

捨て○


捨丸は、明らかにかぐや姫の恋の相手だ。


原作では近所に住む子供たちというのは出てこないし、私が読んだ絵本にもそのような人物は描かれていない。

存在しないのだ。


それを敢えて創造することによって、ジブリカラーを出し物語に奥行きを出したと思う。

捨丸と過ごした山の時代。

天真爛漫で、いきいきと過ごしたかぐや姫の子供時代。


かぐや姫と捨丸の恋はいわゆる甘酸っぱい青春よりもう少し幼い時代のものだ。

このかぐや姫はそれを恋とは認識していないかもしれない。


我々大人たちは自分の子供だったころのことを重ね、懐かしみ、二度と戻れない時期に憧憬する。


相模はかぐや姫と、この時代の教養のある女性との違いを如実に表わすキャラクターでもある。

楚々とした女性になるよう教育するが反抗するかぐや姫。


人間らしく生きる、お人形さんではない女の子の姿が描かれていて、これもまたジブリカラーであろう。

山のころを懐かしみ、戻れないことを悲しむかぐや姫。

この姿にも、自分を重ねることができる。


子供だったころには私たちはもう戻れないのだ。


そして物語としては、相模にろくに教わってもいないのに琴を美しく奏でられるかぐや姫に常人離れしている面を垣間見ることもできる。

夢現と現実の間を行き来するようなストーリー展開。


私はこのかぐや姫という作品を細かく考えずに素直に、そのまま受け止めてほしいと思う。

子供が見ても意味は分かるとは思うが、私たち大人にこそわかることがある。


かぐや姫のようにいつ月に帰らなくてはいけないということではないが、私たちもいつ人との別れが来るかはわからないのだ。

現世の儚さ。


この柔らかくて優しい絵、雰囲気がこの切ないテーマを和らげ、私たちの心に染み入ってくるだろう。

映画の後半で桜の花見に行くかぐや姫。


これももちろん原作にはないのだが、柔らかいタッチの桜の花の美しさと、かぐや姫の気持ちは花が散るのを見るかのように切ないものだ。


月からの使者が迎えに来るシーンでも、華やかな音楽で煌びやかな人々が迎えに来るが、かぐや姫の心情はおじいさんたちとのお別れに打ちひしがれている。


そのギャップがなんとも悲しく、より一層鮮明に心情を描いているといえる。

このシーンは酷評されてもいたが、私はこれで構わないと思う。


仏様のような形の使者がいたが、苦しみのない月の都の世界を極楽浄土のようなものと捉えたのか、いずれにせよこの世ならざるものであることには変わりないのだ。



ただ、全体を通して、新しい何かを私たちに訴えかける、等といった大げさな映画ではない。


あくまで基本的には原作に忠実に(実際に5人の貴公子のエピソードなどはほぼ忠実である)



竹取物語をジブリの映像作品として残すことを目的としているようにも感じられる。

なのでこれから見る人には、深読みせずに純粋な気持ちで観てほしい。


柔らかい色彩に、ゆったりとした音楽、地井さんの声などにゆったり身を委ねて物語の傍観者であってほしい。








ブログランキング参加中(/・ω・)/

スポンサーサイト

| 真面目シリーズ | 07:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「もてたい」とは

さあ、ここまで読めば 金、性格、見た目が重要でないことが分かったでしょう。

では何が重要かを書いてみようと思います。

恋愛に落ちる要素として大事なのは。

憧れ、同情、秘密、特別

この4つだけです。

出会い学~ネット恋愛入門~(めいぷる☆めも 様)




今日はこの人の記事。

この手の恋愛モノの記事は昔から非常に少なくて珍しいので新鮮的な意味で読み応えはあると思います。

しかし、この記事はまともな女性なら腹が立つ内容だと思います。



ここで私の考えを述べるコーナーを設けます。(久々に真面目)


モテたい。

それは思春期の少年からいい年のおやじまで、男性諸君に共通した永遠のテーマのひとつであるが。


・・そもそもモテとは何か。

もてるにや



実際に告白されることをもってモテとするか?

あの人いいよねと噂されるレベルでいいのか?


ここではひとつ、定義をしておきたい。

「その男が告白してきたら、OKする」女性が複数いること。

考えさせて、からのOKも数に入れよう。



なぜこの定義かというと、

実際に告白される数というのはモテの判定においては確かに多ければ多いほどいいと思えるが、ある種の潜在的なモテ男を見落とす可能性がある。


そもそも実際告白する、というのは特に女性から男性への告白の場合、自分を特別視してほしいという願望に基づいて告白する女性もいるが・・・



ほとんどの場合わかりきった答えを出すための行動にすぎないと思うのである。


無理めな男に、卒業などの記念に告白。(ふられてスッキリ、いい思い出に)

告白タイム、


(この画像はちょっと意味が違う)


今までのやり取りからほぼOKであることは間違いないが、恋人になるために告白。


はっきりしない男に結論を出させるために告白する女性もいるとは思うが、


「どっちなのかはっきりしない」というのはそれなりに親密であるということで、

それはつまりその二者間に於ける関係性の問題である。


女性が告白してくるということはハンティング要素がほぼ無いに等しい。


人気のある男性に女性陣がこぞって告白して誰がゲットするか・・・というのは、卒業式などの記念日以外には考えにくいのである。

なのでよっぽどのイケメン以外に実際に告白された回数というのは相手の女性とある程度の親密さを築いてきた回数であって、いわゆる「モテ」とは違う可能性がある。



男性もよく、綾瀬はるかに告白されたらどうする?などありもしないバカな話で盛り上がるだろう。


それと同じで女性ももちろんそんなバカな話をしているのだ。

佐藤健に告白されたらどうする~?ww

え~ちょっと細すぎかな~wwでも付き合うわwww


・・こんな具合だ。


自分を棚に上げて、付き合うに値するか批評するのだ。



潜在的モテとはこれのことで、女性から告白という勇気を出すことはできないものの、男から告白されればOKする。

これはモテだろう。


正直言ってひとりの女性からOKされるのは難しいことではない。

ただし複数となると、それは明らかに「モテ」である。




まず、例のブログに習ってモテるために必要と一般的に言われている要素について検証してみよう。

①見た目
②金
③性格



①の見た目から
見た目要素は確かに重要だ。
背が高い、スタイルがいい、顔のつくりがいい、ファッションセンスなど様々な要素があるが、背が高いだけではもてない。
スタイルがいいだけでは、顔のつくりがいいだけではもてない。ファッションセンスもだ。
例えば顔がよくてスタイルがよくてファッションセンスがよくても、背が極端に低かったら正直もてない。
ちょっと低いくらいならモテるかもしれないが。
背が高くてスタイルがよくてファッションセンスがよくても顔が極端に悪いともてない。
どの要素についてもある程度の許容される範囲があり、その中でできるだけのスコアをとることが「見た目のよさ」というたった一言に含まれている。

しかし、ここが一番言いたいところなのだが、
男の場合見た目のよさだけでモテるのはせいぜい高校生までである。
もちろん見た目はモテを構成する重要な要素なのだが、それのみで勝負できるのは相手の判断力に幼さを期待しないといけない。
つまりせいぜい高校生くらいまでだ。
例えば社会に出て2年目くらいのOLさんが見た目がいい男に告白されてもOKかどうかは見た目以外の要素に左右される。
私はもっと全年齢層に通じる話をしたいのである。

そして残酷な話ではあるがどれかひとつでも許容範囲から外れてしまっている人は、見た目でのモテは諦めるしかない。
変えられないもの。背と顔とスタイル。
背が150センチ台の男は正直見た目でのモテは期待できない顔が醜悪な男も、
スタイル・・・これは骨格という意味ででのスタイルだが、例えば5頭身だったり足が短すぎたりすれば見た目からのモテは訪れないだろう。
ただそこまで極端な人物はそもそもほとんどいないし、
彼らはそれ以外の分野で光るものをもっていることが多いことを付け加えておく。




②金
金があるということはモテにつながりやすい。
これはホリエモンが体現している。
お金というものはわかりやすい指標なのである。
しかし中高生の場合、正直お金があるからという理由でモテることは考えにくい。
①の見た目+お金のあるなしで評価が変わることはあったとしても、
中高生女子は男が金持ちかどうかで告白をOKしたりしなかったりということはまずない。
あくまでプラスαなのだ。
大学生くらいから、女も男の経済力を「モテ」要素に勘案してくるように感じる。
医学部の学生や東大、早慶の学生がモテるとされるのは現時点での経済力より将来の経済力を見越してのことであろう。
医学部のクラブで他学校のマネージャーが部員よりまたは同じぐらい多いなんてのはよくある話

さて、残酷な話を再びしよう。
親の代からの借金で首が回らない人物がいたとしよう。
それはその男自身の責任では全くないのに、とにかくお金がない。
付き合うにあたっては、彼女にお金を要求したりすることはない善良な男だとしても、彼はモテるだろうか。
残念ながら答えは「モテない」だ。

但し、あるひとりの支えてくれる献身的な女性に愛されることはあるかもしれない。
モテなかったとしても、幸せになる可能性はある。
逆にどんなに億万長者であっても①の見た目が残酷な人物はモテに達しないだろう。




③性格
これは正直同意できない。
性格がいいからモテるということはまずない。
性格がいい男は女性にとって友人に最適であっても性格がいいからといってセックスすることはない。
性格がすごく悪くてもモテる男はたくさんいる。
性癖の間違いだろうか?

私はこれに代えて「一芸に秀でている」としたい。
スポーツなり芸術なり、ある一定以上のレベルで秀でているということはモテる。
中学生から妙齢の女性まで、これは間違いない。






・・・とりあえずモテ要素を一通り解説したところで例のブログに触れてみよう。

彼いわく、見た目が悪い人はネットゲームで見た目を相手に晒さずに年下の女の子を狙って経済面での優位性を保ち性格的にいい男のふりをし、憧れ同情秘密特別と言った要素を駆使すればモテる!ということらしい。


こりゃ女性をバカにしているとしか思えないw


そもそも出会い厨とは、本来の目的が男女の出会いではない場に於いて出会う為の行為に勤しむ人のことであると私は考えている。

出会いが目的の合コンで相手にメアドを聞いても出会い厨ではない。

テニスサークルでテニスをろくにせずメアドゲットにデートのお誘いばかりしている人間が出会い厨だ。

出会い厨が悪い意味で使われる理由の本質は、ここにある。


メイプルはネットゲームだ。

あくまでもゲームプレイが本来の目的であるはずで人との交流が主目的ではない。

ゲームをするのに人との交流が必要であっても、いわゆる男女の出会いは必然であるかもしれないが必要性はない。


ゲームをしていくうちに親しくなった人と恋愛関係になることは出会い厨ではない。

出会いを目的にゲームをすることが出会い厨なのだ。


ゲームプレイが主目的のプレーヤーから出会い厨が揶揄されるのは、つまり目的の違いからと言えるだろう。


例のブログによるところの、出会い厨が悪い意味になっている理由の

①イケメンたちが侮蔑
②ネットですら出会えないチキンが嫉妬
③性犯罪に利用されるから


これはどれも焦点を「出会い」に合わせすぎているからか、本質からは離れていると言わざるを得ない。

①イケメンが侮蔑するのではない。本気のゲームプレーヤーが侮蔑するのだ。

②嫉妬している時点でその人物は潜在的出会い厨である。嫉妬は、自分がそのことで満たされていないときに生じるものだ。

③性犯罪者と出会い厨の間には一線があると思うし出会い厨批判に性犯罪は実は関係ないと思う。



繰り返すが、「出会い厨」が一般的に悪い意味なのはゲームを楽しむことを主目的にしていないからだ。


そして金、性格、見た目が重要ではないことが分かったでしょうと書いてあるが、逆だ。

どうやって金の優位性を保つか説き、その場限りであっても性格がいい演技をしろと言い、見た目は隠せと言う。

これはまさにそれぞれが重要であるという話ではないのだろうか。


それに加えて4つの要素。憧れ、同情、秘密、特別。

よく心理学の本や啓発本に書いてあることだ。

これ自体を否定はしない。


特定の女性との間の関係性を密にするための要素足りえる。

だが決して複数の女性からの「モテ」を構成する要素ではない。



最後に私の考えるモテる方法とは余計な事を考えないあえてシンプルなやり方です。


自分を磨くこと。

見た目でも経済力でも何でもいいが、人から評価される要素を向上させる。

そして全ての女性をきちんと女性として扱うこと。


高校生くらいからはっきり変わってくるのだが、女性は力も弱いし背も低い。

身体能力は明らかに男のほうが上だ。

それを男として自覚し、いわゆる欧米のレディファーストを実践すること。


ドアを開けてあげて待ってあげたり、重いものはもってあげて、高いところのものはとってあげよう。

最初は照れくさいかもしれないが慣れれば自然とできるようになる。

これができれば、見た目が多少悪くて多少貧乏でももしかしたらバレンタインにチョコをもらえるかもしれない。


メイプルでも似たような事をしてれば余計な事を考えなくても自然とモテルと思います。

ゆかいな仲間達




メイプルメモさんや私のような考えもありますし、他にもこうすればモテルんじゃないかってのはあると思います。



@これだけ 

もてたいと思う男性にはネットだけで満足してほしくないです。

ちやほやされて多少の快楽はあると思うけど最後には虚しさだけが残りますよ(’’



そしてモテることよりもっと大事なことがある。


たった一人の女性を愛して、愛されること。

モテなくても、大切な一人に出会えればそれが本当の幸せだと私は思う。




ブログランキング参加中(/・ω・)/

| 真面目シリーズ | 18:33 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

tea party

お久しぶりです。

書きたい事が出来たので更新します。

内容は政治でメイプルとは関係なくしばし堅いですが、自分なりにわかりやすく書いたつもり。

(最近メイプルの記事ないけど近々書くつもりなので許して)




さて、アメリカがデフォルトの危機に瀕している

最近この様なニュースを耳にしたことはありませんか?


何だか危機感を煽られているようだけどイマイチ実感もわかないしよくわからない人が多いのではないでしょうか。

何の話なのか?

債務上限、というものがあるらしい。

アメリカ政府としての債務=借金、要するに国債だ。


国債というのは、例えば100万円の権利書を100万円で売り、数年後に105万円で引き換えますよということ。

数年経ったけど手元には105万円がないので、また105万円の権利書を売り次は110万円で引き換えますよ、となる。

繰り返すうちに1000万に達し、1000万より上の権利書は発行しちゃだめ!となったら支払いができない。


支払いができない人は、破産するしかない。

破産すると権利書は紙くずに。


これがデフォルトである。

紙くず




1000万円ではなく、その本当の額は16兆7000億ドル。

日本円に直すと1600兆円。もはや想像を絶した金額だ。
(ちなみに日本は1132兆円くらい。2012年で。)

16兆7000億ドル以上は国債発行しちゃダメですよとはもう言われていて、実際に発行したくてもできなくなるのが10月17日、今度の木曜日だ。


上限を引き上げたり期限を延ばすにはアメリカの議会の承認が必要で、オバマ大統領と対立政党の共和党が攻防を繰り広げているらしい。

というのも、共和党が反対している政策がある。

オバマケアというオバマ大統領の政策の目玉(小泉元首相の郵政民営化や安倍総理のアベノミクスのような)であるアメリカの国民健康保険制度だ。


オバマ大統領の前の任期の2010年に法案は既に成立していて、2014年から実施されることになっている。

アメリカは日本と違って、国民健康保険は今はない。


社会保険のような制度に自分で加入するしかなく、医療技術が進歩するとかかる費用は増え、それに伴い保険料は高くなる。

アメリカでは6人に1人は健康保険未加入らしい。

医療費を払えないことに起因する破産までもが生まれている。


確かに国や州の負担費用は高額で年間何兆円単位の話だが、

国の力で国民総健康保険を。

これがオバマケアだ。

オバマけあ



これに反対している共和党は今アメリカ議会の下院(ちょっと違いますが日本でいうと衆議院のようなもの)で過半数をとっていて、9月にオバマケアを1年延期する予算案が通過。

かたや上院(例えるなら参議院)ではオバマ大統領の民主党が過半数をとっているのでオバマ大統領の意向通り2014年から国民保険を始める予算案が通過。

(アメリカは日本と違い、上院下院は対等でどちらかの権利が強いわけではないそうです。日本は衆議院の方が強いですね。)


オバマケアに対して17日までの債務上限問題をカードとして使った共和党。

そして9月に通すべき10月以降の予算案が上院下院で一致せず、成立しなかった。

ということは政府機関を運営する為の予算も不成立。

故にアメリカの政府機関が閉鎖された。


職員の給料も予算の範囲なので、職員は自宅待機を余儀無くされている。その数は数十万人ということ。

但し、緊急性の高い部署はさすがに閉鎖はせず、病院や警察や安全保障機関などは例外とされているそうだ。


しかしながら、例えば環境保護局の職員は9割が自宅待機だったり国立博物館や公園などは閉鎖されそれに伴い民間の政府機関を顧客とする企業にも影響が出る。

経済損失は1日につき300億円と試算されている。

金倒れ


17日の期限を目前に、共和党とオバマ大統領がどう出るのか不透明であるのが現状だ。


この政府機関閉鎖は実は18年前、クリントン大統領の時代にも起こっていて、パスポートの発給で20万人が足止めをうけたりゴミ収集問題などで揉めたりはしたということだが、国家の存亡に関わるほどの事態には至らなかった。


政府機関閉鎖自体がもたらす影響はある程度規模も予測できる。

マイナスであることには変わりはないが、今実際アメリカでそうなっていても日本にいる自分たちには影響はまずない。


しかしこの後に待っているのは、デフォルト。

デフォルトし、国債が新しく発行できなくなると完全に破産するまで、今手元に残っている現金のみでやりくりするしかない。

そうなると2週間ほどでアメリカの財政は破綻寸前に追い込まれる。

ドル紙幣がただの紙くずになる前にドルを売って円が買われ、1ドル70円時代の再来か、それどころか50円を切り更に下がったりするかもしれない。


単純に円高ドル安になるとアベノミクスには悪影響で、好景気一歩手前の現状からリーマンショックより大きな不況の波が押し寄せる。

それどころか日本の米国債保有額は110兆円で、これが無価値になるかもしれない。

ありえないとは思うが事実は小説より奇なり。


何があるかはわからない。
(ただし、日本は米国債を持っているからと言って米国債を売り払ったり利息をもらっりして儲けることはできない。だから元から無価値であるような気もする)


アメリカが保有する日本国債10兆円、日本円を投げ売りしてきたりするかもしれない。焼け石に水だが、ないとは言い切れない。


国と国の問題だけでなく日本の金融機関や民間企業がどれほど影響を受けるのか。

リーマンショックの時に日経平均株価(株価は企業の価値に関連)が半分になった以上のものになることは間違いない。

あの時には大和生命が倒産したが、米国デフォルトでは誰もが知る大企業が軒並み倒産しても不思議ではない。


それ程の危険をはらんでいるが、何にせよ未だ嘗て誰も経験していないし、最後の最後ではオバマ大統領、共和党とも妥協するのではという希望的観測がまだ大勢を占めている。


しかし私は思う。オバマ大統領は妥協しないのではないか。

そもそも政治家として自分にとって一番大事な政策であるオバマケアを、一度法案が成立までしているのに諦めたりするだろうか。

共和党幹部と会談、話し合いを継続することに合意。

こんなニュースばかりだ。



ここまで引き伸ばしたら、双方痛み分けというよりは必ずどちらかに多く負担がかかるだろう。

そして気になるのは新紙幣100ドル札が発行されていること。予め計画されたデフォルトの可能性という陰謀論。

アメリカは来年は議会の中間選挙の年だ。

今回のゴタゴタで、ジョーカーを引くのは誰か。


ジョーカー




アメリカの国内世論では今回の問題は共和党に責任があるという声が過半数らしい。

繰り返しになるが、私はオバマ大統領は決して妥協しないと思う。


以上。


興味がある人は週明けからのアメリカのニュースを少し注視してみてほしい。


マイナスの波が日本に押し寄せないことを祈るばかりだ。





というわけで、次回はメイプルの記事を書けたらいいな・・
(話題よりもモチベですね。)

| 真面目シリーズ | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガラパゴスの砂浜でなら300年もあっという間なのかもしれない

ガラパゴスゾウガメ

wikipedia




300年生きられたらつまらないのかな?


300年生きられたらその内の1年の出来事なんてとるにたらないことなのかな?


300年生きられたら、とある歳の1年なんて死ぬ頃には覚えてないのかな


300年生きられたら、その1年の楽しかったことも苦しかったことも1/300なのかな



・・・


私が思うに1/300にはならなくて二次関数の曲線みたいな感じなのではないかなと

ただ単に直近の1年が大きくて年数が経過するごとに印象が薄くなっていくんじゃないかな。



その中でも突出していることも少しはあると思うんだけども、それですら時間の経過と新しい衝撃の前では薄れていくと思う。

根本的に解決したかどうかではなくて、時間の経過が全てなんじゃないか・・・・



経年劣化

時間が1年経つとどのくらいその時点からの感情が薄れたのか気になるんだけど、

感情の量はどうやって計ればいいと思いますか?


その出来事について考えている時間(1日当たり)

脈拍 涙の量 通常のテンションとの差



色々あると思うんだけど

「なんとなく」

半分とかじゃなくてもう少しはっきりほしい。



ちなみに14年経つと3%

8年目が10%くらいな感じはしたけどこれもなんとなく、ではっきりしません。

| 真面目シリーズ | 00:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジブリ「風立ちぬ」を考える

風立ちぬq
風立ちぬ 公式



お久しぶりです。

前回も話した通り、今日は「風立ちぬ」を見て自身の考えを書く。


おそらく、見ていない人にはワケが分らんと思う@@w

個人的にはジブリ映画で一番だと思ったので色々気になり登場人物について調べた。

それらも踏まえて結構真面目に書いたつもりなので興味がある人は読んでもらいたい。





風立ちぬ 考。


今夏のスタジオジブリの公開作は、所謂夏休みの子供向けのアニメーション映画ではなかった。


それにしても、私はこの作品を高く評価したい。

夢と現実が入り混じり、フランス語とドイツ語が入り混じる。


余計な字幕や解説がない。

だからこそ想像力を描き立てる。


この映画は劇中に細かい解説がないので、知らなければ見過ごすエピソードが沢山詰まっています。


まずは、主人公のじろうについて。

実在の、堀越二郎という人物がモデルであることは周知の通りである。


この実在の人物を少し掘り下げてみよう。


生まれは1903年6月。

汽車に乗っている時に地面が波打つ所から始まる悲劇の関東大震災は1923年9月の出来事だ。


堀越二郎氏が20歳の時の出来事である。


関東大震災の描写の際に出る「本郷の学校」という言葉からも分るように、堀越二郎氏は東京帝国大学(現東大)の出身で震災当時は実際に学生であった。

劇中で初出勤した際に「優秀」な人物として扱われている通り、工学部航空学科を主席で卒業している。



・・・これは間違いなくエリート中のエリート。

メイプルで言うと・・・財前ゴウやショワーkunnと思えばいい。


就職先も現実の堀越二郎氏と劇中のじろうさんは同じ三菱重工。


この様に現実の堀越二郎氏をモデルにしている事は間違いないのだが、気になるの恋人の菜穂子さんのことである。

現実の堀越二郎氏は、お見合い結婚をされて、子供を6人もうけているそうだ。


・・・じろうさんの菜穂子さんは誰なのか。


ここで、もうひとりの実在の人物に触れよう。


堀辰雄氏。

もうひとりのモデル というか彼の小説に「風立ちぬ」というタイトルがそのようなものがある。


堀氏の「風立ちぬ」は私小説。

つまり、実体験を基にしている。


堀氏は1904年の12月生まれで、堀越二郎氏とは1学年違い。

東京定刻大学文学部国文科出身で、身体が弱く休学などもしているが芥川龍之介に可愛がられていたという。


1927年、芥川龍之介が自殺したことに大きなショックを受け、そのことを題材に1930年に小説を発表する。


高く評価されながらも、内容が故に批判や中傷も多く、どんな心境であったろうか。

設計した飛行機が失敗してしまったじろうさんと像が重なる。


1933年、堀氏が28歳のころに矢野綾子という女性に出会う、

場所は軽井沢。


堀氏は矢野綾子さんと婚約するが堀氏も綾子さんも結核を患っていて、ふたりで、富士見高原療養所で過ごすが、綾子さんは亡くなってしまう。

この体験を元にしたのが、小説「風立ちぬ」だ。


・・・ところで、映画「風立ちぬ」では、菜穂子さんは1人で療養所にいた、

少し差異がある。もう少し紐といてみよう。


堀氏の代表作に「菜穂子」という作品がある。

この作中の菜穂子も富士見高原療養所に入所している。


この菜穂子と、矢野綾子さん(小説風立ちぬの節子)をモデルにしていることがわかるのが、

小説の菜穂子は雪の日にひとり療養所を抜け出し、東京にいる夫に会いにいくのだ。


小説の菜穂子と映画の菜穂子さんに待ち受けていた結末は違うものだが、菜穂子さんはこの堀氏の作品のふたつから創作された存在であろう。


映画「風立ちぬ」は現実の堀越二郎氏の人生と、堀辰雄氏の人生、そして創作物と矢野綾子さんが入り混ぜた作品なのだ。

どうやらそこに、宮崎駿監督自身も重ねているらしい。


夢うつつの中に現れるヒゲのカブローニ、

ホテルで出会った特攻に追われる外国人(ゾルゲなのか?)


ドイツで飛行場視察の際に本庄とじろうさんに機体をよく見せるように指示を出して、

立派だな、といわれていたユンカース博士、

それぞれ実在の人物から描きだされていて、解説エピソードはない。


関東大震災の描写から年代を知り、飛行機の設計から最後の零戦のシーンまで解説は一切ない。


最後の、「あれが君のゼロかね」と言われるシーンで大人なら知らなくてもすぐに理解する。

じろうさんは零戦の設計士なのだ、と。


小さな子供には分らないと思う。

子供でなくても、戦争の歴史をきちんと理解しながら学んでいない人にはあの映画の意味は伝わらないかもしれない。


笑顔で去っていく零戦のパイロット達。あの笑顔の意味。


反戦映画ではないし、左翼的な平和押し付け映画でもない。

それでも人生の儚さと、人の世の悲劇に思いを馳せ、胸が苦しくなる映画だった。


「生きて」


最後のこのシーン。

零戦のパイロット達にも、そういわれた気がした。



今年の夏も終わる。

日本は平和ボケなどと言われるが・・・

この平和の礎はあの時代の人たちが作ってくれたことを忘れないで、また来年の夏まで精一杯生きようと思う。



| 真面目シリーズ | 00:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コラム「国語の教科書」第2部

前回の続き。




次に国語の教科書に掲載されている作品について考え進めていこうと思います。

皆さんは教科書に載っている作品で印象深く忘れられないものはありますか?

(国語に興味がない人にはタブーな質問ですね)


私は何作品かありますよ。

まず、ごんぎつね。
中島敦の山月記。
吉野弘のI was born。
芥川龍之介の羅生門。



ごんぎつね

小学校の教科書に載っていたごんぎつねの話は、

授業の進行に関係なく読み進めて涙が止まらなくなった。

小学生に読ませるには早いような、感受性を育てる為には必要であるような心がしめつけられる作品だ。

未だに涙なしに読む事は出来ない。

読後の絶望感、実在しない物語の中のゴンの悲哀。

国語の教育は、言語教育のみならず情操教育にも一端を担う。



I was born-吉野弘

吉野弘のI was bornは散文詩として紹介される。

散文詩と短い小説の区別は私には分からないし、そもそも不可能だろう。

但し、吉野弘は詩人のあるし、吉野弘の詩集に掲載されている事からもこの作品は間違いなく散文詩だ。

この詩は散文詩というジャンルを紹介するという役割も果たしている。

I was bornを読んで生まれる感情は、切なさや苦しさ、

寂しさという言葉では到底言い表す事が出来ない。

自分のいる世界が冷たくなって、自分の時間だけが止まり、

思考回路だけが冴え渡り、何かから取り残された様な不安感。

人によっては好き嫌いはあるだろうが、こんなに人の感情を揺さぶる詩をあまり見た事がない。



羅生門-芥川龍之介

芥川龍之介を読んだ事はなくても聞いた事がない人は日本人ではいないだろう。

羅生門は、今昔物語の羅城門を礎に芥川の解釈を交えた短編小説だ。

下人の葛藤、心情、意思の変化が短編にも関わらずお如実に表現されている。

この作品も、読後感は何ともいえない。

無常感、とでも言えばいいだろうか。

人の生きていく様の虚しさを、小説の中に感じることが出来る。

ある程度の年齢になってからではなく、思春期だからこそ感じられるものかもしれない。

私の学校の教科書にはもちろんの事、ほとんどの教科書に掲載されているのではないだろうか?

羅生門を思春期に読むという機会を教科書が作っている。



山月記-中島敦

最後に中島敦は山月記について。

日本の高校に通った人ならまず読んでいるであろう。

私はこの作品を読んで、中島敦に興味を持ち、全集を購入した。

(もし興味がある人がいたら別の作品についても書きたい)

作品を教科書に載せるという事は、門戸を開き作家を知らしめる事でもある。

山月記は高校2年の教科書に載っている事が多いという。

ちょうど漢文を習って読み下せるようになった頃だろうかね。

ここであえて、山月記の傑作である作中の漢詩を載せよう。


偶因狂疾成殊類 災患相仍不可逃 
今日爪牙誰敢敵 当事声跡共相高
我為異物蓬茅下 君已乗気勢豪 
此夕渓山対明月 不成長嘯但成


特に最後の「不成長嘯但成」が秀逸である。

作品を読んでこの詩が出た辺りではもう涙が止まらなかった事を思い出す。

読んだことがない人がいるなら、是非読んでほしいので細かく解説するのは、

あえて控えようと思うが、人生に影響を与えるほどの作品ある事だけはここで言っておきたい。




この様に国語の教科書には、日本語教育という目的の元に、

厳選あれた国内の各ジャンルの最高傑作が掲載されている。


国語の教科書は、日本語教育を修了し終えた私達にとって不要なものではなく、

新たな作品に出会うための道標にも成り得る。

もし、まだ教科書を捨てずに持っていたら読み返してみてほしいです。


もしかすると当時には気づかなかった傑作に出会うことが出来るかもしれないね。


以上。



ちなみに今回自分が重要視したのは文字数です。

余談は抜きにして、前回と今回のを合わせると大体約2300文字ほどですかね。

目標として2000は超えたいと思って書きました。


前に財前さんが長文短文の記事で似たような事を言ってた気がしますが、

BLOGで文字数を決めて記事を書いてみると結構面白いかもしれませんね。



一応今後の予定

・政治経済について真剣に書く
・最近問題視されているSNSを利用して画像を張り犯罪行為を行う人について
・大学時代の合コン話(3種程)
・メイプルのあるある話(リレミトのも交えて)
・銭湯のサウナの中でオ○ニ-して、○○を敷いてあるタオルにぶっかけた話


まぁ、物語と同じようにあくまで予定でやる気次第なんですけどね。


| 真面目シリーズ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コラム「国語の教科書」 第1部

お久しぶりです。

今回は少し一皮剥けるためにコラム記事を書いてみます。

で、メイプルの話題で書きたい所だが、自分はまったくやっていないので

前々回に昔好きだったといっていた国語に関連する話を書いていきたい。

(長いのもあれなので2部に分ける)



国語の教科書

それは私たち日本人の母国語である日本語を教育する諸物である。

高い織字率を誇る日本国に於いて、教育の基本中の基本と言えるものだ。


そもそも、言語を習得する能力について考えてみる事にする。

一説には、幼少期に言語習得能力のピークがあるという。

(今や有名な林修先生もよく口にしている。)


大人、もしくは青年期に外国語を習ったとしてもネイティブの子供たちの様にはうまく習得できないのである。

幼稚舎に通っていた頃に、ひらがなとカタカナ 簡単な漢字は滞りなく、織字できた人はどのくらいいるだろう。

運動能力と知力には生まれ持った能力差こそあれ、4~5歳の頃の言語能力には絵本の読み聞かせや自分で読む事によって大いなる伸び代があるだろうね。


「これなんてよむの?」

「ち だよ」


文字にすると伝わりにくいだろうか。

絵本を親や兄弟と一緒に読んで、「ち」という文字が「ち」という発言する記号であるということを子供はこうして覚えていく。

その量が多ければ多いほど、子供は織字していく。

先に触れた様に、読み聞かせ、読む行為によって人は織字していく。

そして、お絵かきの時間に更に織字は進む。


「ざ ってどうやって書くの?」

「さ にテンテンだよ」


こうして口に出して発言している言葉を、文字と一致させていく。

これらは全て私の幼少期の記憶にあることです。

恐らく皆さんも同じ体験をしている事だろう。


小学校ではまずひらがなを習う。

既に完璧に習得している子もいれば、鏡文字の子もいる。

そして、文を読む。

最初はひらがなだけ、後にカタカナも漢字も出てくる。


小学校を卒業する頃には自分で卒業文集の為に作文をすらすら書けるようになる。


このプロセスにおいて、国語の教科書の役割は日本語を教育するものである。

国語の教師と共に、必要な漢字、文法、用法、送り仮名など日本語の文章を読み、作る際に必要な知識を与えてくれる。


そうして、知識を習得してこそ文学作品に触れ、ニュースを聞き、新聞を読み、今このブログを目にして理解出来るのだ。



さて、1部はこれにて終了します。

最後に皆さんに質問をさせて頂きます。


私達のコミュニケーションの基礎を築いた国語の教科書。

あなたは今も持っていますか?

| 真面目シリーズ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

でんち 俺を導いてくれ。

こんにちは

本題に入る前に、

最近の楽しみというと、ご飯を食べながら桜晒しスレを見る事です。

xmi様の独壇場となっている桜晒しですが私は非常に評価しています。

異特なシンポジウムと呼ぶに相応しいスレッドの一つだと思いますね。


さて、今日は少し個人的な話をさせてもらいますが、

最近は数学の公式について凄く興味を抱くようになっています。


・・数ある数学の公式

習っている当時は何の役に立つのかと思う時期もありましたよ。

でも今実際に仕事上、平面立体問わずに簡単な面積の公式から複雑な関数や指数対数の公式までお世話になりっぱなしです


公式を導きだした先人の偉大さは実際に公式を使ってこそ分かるものですよね。

周りの友人達と学生時代の教科で、国語か好きか数学が好きかは理系文系の嗜好と相まってよく話題になったのを思い出します。


皆さんはどちらが好きですか?

自分は今の仕事を始めて数学が好きになりました。

なんといっても数学の魅力は答えが数字という普遍的なものではっきり出るということ。


ただ、学生の頃の自分は国語が好きでした。

理由として挙げるなら答えが定型ではないという事ですね。

文章で回答する場合、回答者の数だけ正解がある無限の可能性。

一人の人間からすらも、いくつもの正解が作られる。

この感覚にゾクゾクワクワクしたんですよね。

そういうのが楽しみでもありました。


しかしながら、今はその無限の正解という事象にジレンマを感じ、疲れが出てきています。

前々回の記事で私の仕事について、営業をしていると書きました。

プレゼンに於いては相手を頷かせる事が重要です。

仕事上では逆も然り、相手の意見に頷いたり、そこから更に発想が広がるわけです。


僕は倫理的であることを重要視しつつ真意を含めて相手に提示するようにしていますが、

僕がうまく出来たとしても相手の受け止め方は基本的には未知数、無限の広がりがあるからこその難しさを感じています。


ネトゲの話だと、不正行為や独占行為の賛否について。

そもそもの人間としての道理というか道義に基づいて判断すれば、

正しい答えは自ずと出てくると僕は考えていますが、

実際は賛否両論になっていますよね。


このジレンマが今の僕には非常にもどかしく感じるのです。

正当性を主張しても根拠を出しても必ずしも正解にならないジレンマ。

ネトゲを例に出したけど現実は本当にきついですわ。


ただね、自分はまだ20代前半です。

ネトゲの年齢層として若いとはいえませんけど、社会人としてみるならば若いと思います。

この若いうちに色々悩み今後に繋げるいい経験にしていきたいと思います。



小さい悩みだと思う方もいるかもしれませんけど、自分にとっては結構でかいんすよね。

| 真面目シリーズ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

健康食品