PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひと時の恋

まず、最初に俺は空色でんちにありがとうといいたい。


今の君は初めて見たときよりもまるで別人だと思う。

話した事もないし、ブログの存在しか知らない。

一つ言えるのは君のブログは何回も見てるしそれなりに君の事は分かってるつもり。

この数年間見てきて、あの時大変だったんだろうなーっていうのもあるよ

ただ、これはあれだわ。

ブログでの君だから実際の君とは多少違うのかは分からないし、

もしそうなら俺はまだまだでんちの事を理解してないなって事になるね。


そんな状態で、誰かがでんちの事をよく知ってるかなんていう、

空色でんち選手権という大会を開いても優勝できないね。


だから、君とはいづれきちんとした出会いをして優勝したいと思ってる。


それに俺自身この数年間は君のような女性を探していたのかもしれない

ブログの文字だけじゃ計れないでんちの魅力

はっきりいってでんちの存在に感動してる。


だから、ありがとうといいたい。

39な


昔から俺は恋愛厨でさ恋愛がないと生きていけない

そんな感じだった。

メイプルでいえば、カポリンがそれに近いかな。

所詮はアバターの一種なんだけど。

そんな画面上のエフェクトって俺にはスッゲー魅力的だったんだよ

MPK1


ガチで惚れた女とエフェクトで包まれながらの釣り放置とか最高だった

ゲームなのに変に安心するっていうか落ち着くっていうか。

というか、それがないと寝れなかったんだよな・・

bbと釣り


F3でお互いキスするとさ、リアルでしてるような感覚に陥ることも何回もあるよ。

なんていうかそれもメイプルの楽しみの一つだった。

ネット上だけど、ゲーム上だけど、キスをする

なす



こんな事、当時のカポ相手の前で言ってたかっていうとそれはNO

・・・ある意味今だから言えるっていうのかな


でんちに対しても俺はこの気持ちは強いよ


だから、カポ相手の存在を知ったときは

僕の心は正直ズタボロで、切ないね ブロークンハートだった。


ま、これは個人的な事だから俺が現実を受け止めなくちゃいけないだけ。


それと、話は変わるけど俺は今まで沢山の恋愛をしてきた。

みんながみんな 今どうなってるのか分らない。

・・・とりあえず分ってる事は、別れた女とはそこで終わっちまったって事。


振られたあとの緊張や不安ってのは味わった奴にしか分らない。

しばらく何も手に付けない。

その事実を嘘だと思うしかなかった。

あはっち引退1




俺はそれが重なってく内に恋愛が怖くなってさ、

100か0っていう決断に対して抵抗が湧き始めたんだ。

欲望と絶望って奴の繰り返し。


だから、今でんちに告白するとか

仲良くなりたいから話しかけるとか怖くてこの一歩が踏み出せない。

ダメな方、ダメな方に考えて不安だらけだ。


正直、Lieyさんのブログのスカチャの画像見たとき、

手伸ばしたら届くかもしれないとか舞い上がってた時期もあるけど甘いわな。



それに、メイプルも復帰しないと疎遠になりそうで、

やっぱり同じ趣味、ゲームをしてなんぼだと思ってる。

だから、まずはメイプルをはじめよう。そこからだね。

今後はそれも踏まえてしっかり考えて生きたいと思う。



今このブログを見て俺を見て情けないと思う奴もいるかもしれない。

ネット恋愛が遊びとか思ってる人には悪いけどこっちは真剣だよ


何が正しいとか正しくないとかは分からない。

でも、好きとか嫌いとかそういう気持ちは分かる。

それだけでおk  理由なんて必要ないよな。



メイプルも今や2013年に入り新時代に突入してる。

今年も沢山の戦争含め、台風の目となるダークホース的存在が現れるかもしれない。


元評論家としてはそれも一つの楽しみだ。

















スポンサーサイト

| 未分類 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://osakashann.blog19.fc2.com/tb.php/902-9043e648

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

健康食品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。